金額の多い借り入れについて

融資金額が100万円を超えるような場合は、申し込み方も少々異なります。この場合は、所得証明書が必要になって来ます。その場合も審査も多少時間がかかるもの早く行ないます。100万円までの融資であればかなりスピーディーの事が進み契約も早く、キャッシングサービスも早く出来るわけです。また審査が通過されない場合もあります。その場合は、他で融資している場合や支払いが遅れていると言うようなことが原因、無職や学生の場合で一定の収入が無い場合など審査が通らない場合があります。

 

一番大切になってくるのは条件をしっかりと理解しておくことです。

消費者金融は怖くないから、もっとお金を借りたくなる

消費者金融って、もっと怖いものだと思っていました。

 

滞納をしてしまったことがありますが、電話をしたら、優しくきれいな声で対応してもらえました。

 

 

借りたものを返さない、悪いことをしているのはこっちなのに、親切に対応してもらえると、泣きたくなる。

 

電話をいただき、ありがとうございます。と言ってくれる。

 

 

こんなに優しくされたら、もっと借りてしまうではないか・・・もしかしたら、それを狙っているのだろうか?

 

 

借りたお金を期日通りに支払えなくなることは、きっと多くの人が経験してしまうことになると思います。

 

もしも、ちゃんと返せるのなら、お金なんて借りなくても済むのではないだろうか?

 

 

もしも、返せなくなった時に、それをないものにしようって思ってしまうけど、法律的にも無理なことです。

 

勇気を出して、相談をしてみたら、何でもっと早く相談しなかったんだろうって思います。

 

 

僕は大手消費者金融からしかお金を借りたことがありませんが、とても親切に対応してもらっています。

 

お金を借りるのはやめられそうになりません。

節約家の妻と浪費家の夫

私は節約が大好きです。
目標は家のローンを一日でも早く返すこと。
そのために、日々コツコツと節約をして、年に1度の定期預金を組むことを楽しみにしています。

 

しかし、うちの夫はお金を使うのが大好きな浪費家夫。
私は、月に下ろす額を決めて、その額の範囲で生活できるように計画的に使っています。
月の終わりに近づくと少ない残高でやりくりしようと頑張っている中、旦那がおもむろにレシートを出してきて、お金を請求してくるのです。
結局次の月の分をおろしてきて補てんする羽目になるのです。
浪費家の夫のせいで、私の月の計画が崩れるということは日常茶飯事です。

 

特に、うちの夫の浪費には波があり、季節の変わり目や予定の前には、家族の洋服を買い揃えたがるのです。
友達と会うとか、旅行に行くとかいう時には、特に張り切ります。
洋服だけでなく、いろいろと買い揃えたり、準備をするのが大好きで、いつも荷物はトランクいっぱい。
クーラーボックスも4つもあるくらいです。
そして、いっぱい荷物を作って持っていくのはいいのですが、片付けは全く手伝いません。
自分で準備するのなら、こんなに沢山持っていくことはないのですが、片付けのことなんて考えていない夫が作った大量の荷物を私が一人で片づけるということが当たり前になっています。

 

また、夫は料理も作りたがりますが、その際にも作るだけ。
片付けは全くしません。
ボールやお鍋、お皿まで、大量の油まみれの洗いものはすべて流しに入ったままの状態です。
作りながら、洗って同じボールやお鍋を使えばいいのに、汚れたらまた新しいのを出して使うので、洗いものはいっぱいです。

 

わがままな夫の尻拭いをいつもやらされて、うんざりです。